システム導入で一挙解決!ストレスチェックの問題に対処しよう

義務化されたストレスチェックはシステム導入で解決

ストレスチェックは多くの企業では労働者に対して行わなければならないものとなりました。その運用の仕方に苦労を続けているケースも多いですが、簡便に解決する方法としてストレスチェックシステムを導入することを検討しましょう。ストレスチェックシステムとは情報システムの一種であり、導入することによってそのシステムを介してストレスチェックの実施や結果の集計、フィードバックなどをまとめて行うことができます。基本的には労働者一人一人に対してアカウントを発行してシステムにアクセスしてもらい、問診に答えてもらうeラーニングのような形で実施することができるシステムです。簡便にストレスチェックを行える形を整えられる方法として着目してみると良いでしょう。

アウトソーシング型のシステムが有用

ストレスチェックシステムにも多数ありますが、アウトソーシング型のシステムを選んでおくとストレスチェックに手間がかかりません。アウトソーシング型の場合にはただシステム上でストレスチェックの実施やデータの集計などが行えるだけでなく、本人に通知を行った際に医師との面談を希望した場合への対処も行ってもらえます。システムの提供会社側で提携している医師の紹介を行い、その状況管理も行ってもらうことができるのです。また、職場の状況がストレスの関係から望ましくないという場合には労働者の声を聞いて具体的な対策について提案をしてくれるサービスもあるので、職場環境の改善にも役立つでしょう。

労働安全衛生法により、定期的な労働者のストレス検査を実施することで職場環境の改善が義務付けられました。このストレスチェックを集計、分析し、労働者を守るためのシステムが、ストレスチェックシステムです