どの会計ソフトを選んだらいいか?経理未経験の経営者が使うには

勘定科目の選択で困らない

経理未経験の経営者にとっては、帳簿入力が非常に労力のかかる仕事になるでしょう。簿記の知識がなくて心配な場合でも、初心者向けに配慮されている会計ソフトであれば、手書きで帳簿を作るよりも、楽に操作できます。多くの方が勘定科目の入力の仕方で戸惑いますが、新しく開発されたソフトの場合は、ソフトの利用者の目線で作られていることから、対話式で利用目的に合致した科目を提示されたり、選択肢の中から適合する物をマウスでクリックしたりするだけで入力できます。よく利用する勘定科目だけを覚えればよいので、必要以上に神経質にならなくても大丈夫です。

小遣い帳をつける感覚で入力できる

経理事務をする際は、まず伝票に記入するのが基本ですが、入出金伝票や振替伝票の使い方自体が分からない方もいるでしょう。会計ソフトの中には、出納帳の形式で入力できる物もあります。小遣い帳のように、現金出納帳や預金出納帳から入出金の記録を入力するので、お金の動きも把握しやすいです。差引残高は自動計算されますので、手持ちの残高とも比べやすいでしょう。相手科目は現金もしくは預金ですので、仕訳を入力する手間も大幅に減らせます。

自動的に経理データを収集する機能も有り

事業用に利用している預金口座やクレジットカード、電子マネーが提携していて、オンラインでの管理に対応している場合には、インターネットを通じて、取引のデータを会計ソフトに取り込むことも可能です。勘定科目や摘要に利用目的を入力するだけで手間がかかりません。オンラインショップがソフト会社と提携しているのであれば、購入履歴も取り込むことができます。後から科目を入れるのが煩わしいなら、特定の取引を登録すると自動で仕訳入力も可能になる場合もあります。

会計ソフトは、経理事務を効率よく行ううえで必須のツールとなっており、現在では低価格で導入を進めることができます。