縁の下の力持ち?ネットワーク監視の重要性

ネットワーク監視ってなに?

私たちの生活にはインターネットはなくてはならない存在です。そんなインフラとも言えるインターネットを守っている仕事があります。それがネットワーク監視です。ネットワーク監視とは、一言で言ってしまえば、ネットワークがダウンしていないかを監視する仕事のことを言います。ネットワーク監視で監視するところは、ハード、サービス・プロトコル・トラフィックの3つが代表的です。ハードとはパソコンのような機械そのもののことです。サービス・プロトコルとは、要はパソコンの中で動いているアプリのようなものを言います。トラフィックとは道路における交通量のようなもので、サーバーなどが混みあっていないかどうかを確かめます。ネットワーク監視は他にも色々な仕事があるのですが、主にこの3つを監視して、ネットワークが上手く機能しているかを見守っているのです。

ネットワーク監視って必要なの?

ネットワーク監視というと、ネットを見ているだけ、というようなイメージがあるかもしれません。もしかすると、そんな仕事いらないじゃん、と思う人もいるでしょう。しかしネットワーク監視はなくてはならない存在だと言えます。例えば、スマートフォンでニュースを見ることが出来るのはネットがあるからですし、メールやメッセージのやり取りを友達と行えるのはネットで繋がっているからです。もしネットが機能しなくなるとどうなるでしょうか。メールやメッセージのやり取りは出来なくなるでしょう。このように、普段意識することは少ないかもしれませんが、ネットは至るところで活用されています。ネットが使えなくなるとその被害は計り知れません。そのようなトラブルを未然に防ぐのがネットワーク監視なのです。

ネットワーク監視は、ネットワークに異常が出た場合、業務に影響が出る場合があるため、迅速な対応が求められます。