こんなことも必要なの?!自分のウェブ制作

ウェブ制作の目的を決めよう

ウェブ制作には、会社やショップを紹介するものや自分の趣味、オリジナル商品についてを宣伝するものなど制作する理由や目的はさまざまです。

何のためのウェブサイトかを決めることが先決です。

文章原稿と画像の用意

どんなウェブ制作には、公開したい情報についての文章と画像が必要です。

ショップや商品を紹介するにも、見る人が興味を持てるような文章を考え文字ばかりだけでは、読む人も読みきれないので適度に画像を取り入れるのが良いでしょう。

画像も多くなると、サイトを開けるのに時間がかかってしまうので画像の大きさや数にも注意が必要です。

制作方法もさまざまです

ウェブ制作には、専門のプロが揃う制作会社や市販のソフト、無料のソフトのダウンロードなどの方法があります。

オリジナル性が高く機能性の優れたサイトを希望する場合には、それなりの費用はかかりますが制作会社に依頼するのが最適です。

レイアウトが出来ただけでは公開されません

完成しただけでは、自分以外の人には公開されませんので、ほかの人が閲覧するにはウェブサイトにたどり着く住所が必要です。

ドメインとレンタルサーバーが必要

ウェブサイトには、ドメインと言うサイトの名前と住所に当たるものが必要となります。

ネットのドメイン取得会社で、自分が付けたい名前を検索し使用可能であればそれをウェブサイトの名前として購入し使うことができます。

この名前と住所から内容を閲覧するためには、それぞれのデータを保管し配信する場所が必要となります。

この保管場所は、サーバーと呼ばれサーバー会社と契約しここにアップロードすることによって、世界中で自分のウェブサイトの閲覧ができるよういなります。

コーディングとはプログラミングの過程で、ソースコードを記述すること言います。プログラミングのコードを書くということからコーディングと呼ばれています